コスメの防腐剤は『悪』か?

コスメの防腐剤は『悪』か?

最近の美容マニアさんの中には、極端な『オーガニック志向』や『無添加崇拝者』をよく見かけます。
でも、私は思うんですが、そんなに添加物や防腐剤ってダメですか?
大前提として、コスメに使用されている成分は、人体に害がなく安全性が高いものがほとんどだと思います。
配合成分にまでイチイチ気を遣っている『安全志向』の日本人のことを考えれば、危ない成分を配合していたら、悪評が立って、売れる物も売れなくなる可能性があるのを、メーカーさんだってわかっていると思います。
おまけに、美容成分が配合されている化粧品は、防腐剤を入れなければ、どんどんと成分が劣化していくのは明白です。
防腐剤を入れていないコスメは、品質劣化の可能性が、防腐剤入りのコスメよりも高いです。
これを防ぐためには、短期で使いきるとか、保存の仕方に注意が必要です。
品質劣化の化粧品を使う事の方が、私は怖いことだと思います。
なので、私は防腐剤に関しては、ある程度寛大です。
そうした防腐剤なしの危険性をわかっている人は良いと思いますが、わかっていないで、ただ「防腐剤なしが良い」と思いこんでいる人は注意が必要です。
わざわざ、ビーグレンでは防腐剤を含んでいると公言していますが、それは品質に自信があるからだと思います。
なんでもかんでも「防腐剤は無しの方が良い」っていう考えは頂けません!